9/11/2015

あの丘

心に映す一つの情景
なだらかな丘は幾重にも重なって
一本の道が続いている

青い空に雲一つなく
丘は一面の緑
すこし古びたように淡い色彩の世界

あなたと手をつないで
白い馬車で丘をゆけば幸せが待ってるって思った
幾度と無く見たそんな情景

溢れる様に咲き誇る花も
輝かしく光る蝶が舞うでも
怖い夢に目を覚ましぬいぐるみと手をつないで泣きながら暗い廊下を求めて歩くわけでもなく
ただ穏やかにただただしずかに
そこにただその情景はあるのです

5/10/2015

軌道修正

しばらく長い長い回り道をしていたようです。

Closed Gardenは続けられませんでしたがようやく本来の道に戻ってきた様な感じがします、目指していたものとそのための何か、それが交差するところへようやく到達出来た、そういった実感があります。

まだ全てが解決とは行きませんが、一つずつ着実に解決して わたしはわたしが本来やりたかった音楽をやってゆきたいと思います。


Jane Roe、Closed Gardenとわたしはわたしが苦手とする部分をやってくれるという人に任せて活動していましたが上手くいきませんでした。
かっこ悪い話ですが単純にそれはわたしの能力不足です。
能力が足りないからこそ誰かとの協調作業でそこを乗り越えたかった。


軌道修正が出来てきたのでまたメンバーの募集をはじめました。
わたしが得意とする音楽には女性ボーカルしかありえないという結論も出ましたのでそういった募集です。 おそらく早々決まらないでしょう。ひょっとしたらずっとダメかもしれない。 でも諦めずにいつか来るかもしれないその時のために今までを越える技術力をつけて置こうと思っています。


活動を放棄したここへ毎日アクセスがあります。
ありがたいことです。
いつか最高の音楽で報いることが出来ればと考えています。

どうもありがとう。

3/31/2015

release mind

前回のポストをsixty-six-elevenおよびclosed garden完全凍結宣言とさせていただこうかな。
そんなこと考えていたらふーっと楽になりました。

音楽というものが自分にとってどれだけ負担になっていたかって思い知りました。


といいつつ創作は続けているし、音楽というものの役割を考えると今後も音を扱うことはあるのでしょう。
これまでのように楽曲単体でどうのこうのというのはもう無いかも。という感じですか。


今のところ何かが見えてるわけではないので何が出てくるとかどういう音が出てくるとかそういうのはまったく未定です。
二度と音楽やらない!というわけではないよっていう。そこだけ。



気が楽になったら音楽がすっきり入ってくるようになったんですよ。
今日は泉まくらさんのreunionおすすめ。
こういうウィスパーラップみたいなのが何年前かから広まりつつあって、じわじわきてるんですよね。
まだ未成熟だけど面白い気がします。